ペット葬儀できちんとお別れする~墓石を作るとお墓参りができる~

お別れのときまで丁寧に扱うペット葬儀~墓石の種類も豊富~

最愛のペットが亡くなったら~ペット葬儀社を利用する場合~

大切なペットが亡くなった場合、ペット葬儀できちんと弔いたいと考える人が増えています。依頼する流れを見ていきましょう。

電話で連絡する

ペットと悲しい別れをした後では頭が真っ白になり、どう対処すればいいか分からなくなることも多いです。まずはペット葬儀社に電話で連絡しましょう。年中休まず営業している業者なら急な別れがあった場合でもすぐに丁寧な対応をしてもらえます。

現地でお見積もり

ペット葬儀にかかる費用は、どんな火葬方法を選ぶかということやペットの体重によって変動します。無料で現地に見積もりへ向かうので、正確な金額を聞いてどのプランがいいか検討しましょう。相談したいことは遠慮なく尋ねてください。

ペット葬儀のスタッフが自宅を訪問

プランが決定した後は、ペット葬儀をいつ執り行なうか日程の調整をします。深夜や早朝にも対応しているため忙しい人でも安心です。当日にはスタッフが自宅に迎えに行き、火葬場にて丁寧にペット葬儀を行ないます。

料金のお支払い

ペット葬儀の後には料金の支払いをします。ペット葬儀社ではただ火葬を行なうだけではなく、飼い主の気持ちに寄り添い悲しみを和らげるため、ペット葬儀が終わった後も最後まで真摯で丁寧な対応を行ないます。

ペットが亡くなった直後というものは悲しみや不安が大きくなるものです。しかし、ペット葬儀社はそうした気持ちをきちんと汲み取り、最初から最後までしっかりサポートしてもらえるので安心して任せることができます。

ペット葬儀社が行なっている火葬の種類

ペット葬儀の火葬方法にはいくつかの種類があります。それぞれの特徴を見ていきましょう。

合同火葬
他のペットと一緒に火葬を行なう方法で、遺骨の埋葬や納骨も合同で行なわれます。料金は一番安く抑えることができます。火葬の立会は行なえないことが多いので、きちんとした業者に任せましょう。埋葬場所を事前に聞いておくことが大切です。
一任個別火葬
個別でペット葬儀を行なう方法の1つで、火葬の立会は行なわないものです。そのため、立会個別火葬よりは安くなります。遺骨を納める場所は自宅にするか納骨堂にするかということや、返骨してもらう場合全ての遺骨を受け取るのか確認しましょう。
立会個別火葬
個別でペット葬儀を行ない、火葬にも立会うという方法です。遺骨は返骨してもらうこともでき、ペット霊園に納めることもできます。火葬方法の中で一番高価なもので、立会式の内容や骨壷の種類によって金額が左右されます。

ペット葬儀社で火葬したら墓石を探そう

ペットのサイズによって遺骨の大きさも異なるため、必要となる墓地や墓石のサイズが変化します。大きな墓石になるほど費用は高くなります。小動物用の小さなものから、中型動物、大型動物と様々なサイズ展開をしている業者もあるため、ペットにぴったりの墓石が選べます。サイズの他にも、墓石のデザインや刻む言葉を自由に決めることが可能です。

墓石に自分とペットの名前を入れよう

愛犬家には一緒に入れるお墓がオススメです(30代/ペット葬儀社スタッフ)

ペットを家族同様大切に思い、ペットと同じお墓に入りたいという人は多いです。その需要に応えてペットと人が一緒に入れるように作られたお墓が多く作られるようになり、愛犬家の方にとても人気があります。